駆除の特徴をチェック

シロアリ

専門業者が行うシロアリ駆除方法として「ケミカル工法」という、薬剤を使用する方法がポピュラーです。ケミカル工法はシロアリ被害が発生している部分に薬剤を散布することで、直接シロアリを駆除できる方法です。シロアリがいる柱部分などの薬剤を吹きかける他、穴を開けてそこから薬剤を注入して中にいるシロアリを駆除するケースもあります。またケミカル工法は「バリア工法」と言われることもあり、文字通り散布や注入した薬剤がバリアのような役割をし、シロアリの侵入を防ぐ効果もあります。使用した薬剤は一生シロアリ駆除に効き目があるという訳ではありませんが、通常約5年ほどは効果が持続するので、長くシロアリから家を守ることが可能です。

家が倒壊する危険性

シロアリ

シロアリは木材などを食べる「食害」の被害をもたらす害虫として知られており、日本でも各地でシロアリの食害が報告されています。「虫が食べるだけだから放置していても大丈夫」と考える人もいるかもしれませんが、家の大事な要となる柱や梁などがシロアリに食べられてしまうと強度が低下します。シロアリの食害の被害にあった家の場合、地震が起きたときに倒壊してしまうリスクが高くなるとも言われているため、もしシロアリがいたら駆除する必要があるのです。定期的にシロアリの点検とシロアリ駆除を行うことによって、食害の被害を最小限に抑えられ結果、大切なマイホームを守るということに繋がります。シロアリがいるかどうかの点検は床下を中心に毎年1回のペース、シロアリ駆除は約5年のペースで行うのが理想的です。

専門業者に依頼するのがおすすめ

シロアリ

マイホームの柱や土台といった部分を食べてしまい、家の強度を低下させてしまうシロアリがいたら、駆除することが必要です。最近はホームセンターなどにもシロアリ専用の殺虫剤が売られており、自分で駆除したいと考える人も増えています。殺虫剤を購入して自分で駆除を行えば、殺虫剤のみの費用で済むのでシロアリ駆除にかかる費用を、大幅に抑えることが可能です。ただ、しっかりとシロアリを駆除したいのであれば、自分で駆除するのではなくシロアリ駆除専門業者に依頼するのがおすすめです。シロアリを駆除する場合、狭い床下に入って作業をする必要があり素人では、作業するのが難しいと考えられます。また、どこにシロアリがいるのかなど被害状況を把握することも難しいため、シロアリを徹底的に駆除できず、さらに食害被害が広がってしまうリスクさえあります。シロアリ駆除専門業者であればシロアリがいる場所を突き止めて、徹底的に駆除してくれますし素人だと作業するのが難しい所もしっかり見てくれるので安心です。

広告募集中